摩擦圧接機

摩擦圧接とは、接合する金属の母材を 高速で擦り合わせ、

摩擦熱によって母材が軟化し同時に圧力を加えて接合する技術

 

           メリット

                ・ 異種金属の接合が可能

             (銅とアルミ、アルミとステンレスの接合といった溶接では難しい接合可能)

             ・ 接合強度が高い

             ・ 材料、加工時間のコスト削減が可能 

 

最大推力

450kN                                .                                             

主軸回転数

750min-1

圧接部最大断面積

10100mm2                                               

 圧接部外径

Φ65.1mm ~ Φ176.2mm

クランプ側把握可能径

(固定側) 

MAX Φ176.2mm 

 チャック側把握可能径

(個転側)

MAX Φ215.9mm

チャック側取付可能長 

200mm ~ 435mm
クランプ側取付可能長   MIN 8000mm ~ MAX 10000mm
鋼種  炭素鋼 ・ 低合金鋼                          
 加工実績 掘削管各種