熱間アプセット鍛造機 

鍛造とは、金属の素材を金型などで圧力を加えて塑性流動させ、

強度を高めると共に目的の形状に成形する技術 

 

    Before                     After     

   鍛造のメリット

         ・ 丸棒からの削り出しに比べて材料費が節減できる

         ・ 加工時間の短縮が図れる

         ・ 鍛流線(メタルフロー)が連続している為、強度が強い

 

 

弊社のアプセット鍛造機の特徴

・ 長尺品に対応(5500mm~9500mm)

・ 中空品の増肉厚加工に適しています

・ 母材~増肉部の形状変化がスムーズで、回転曲げ疲労に強い

  形状を作り出します。

 

 

加熱

LPG炉
 能力

500 ton

 対応径

Φ60mm ~ Φ170mm

 対応長さ

5500mm ~ 9500mm

鋼種  炭素鋼 ・ 低合金鋼 ・ ステンレス鋼 
 加工実績 掘削管各種